PICK UP

2019.05.22

【ヘルス&ウェルネス】ヘルスコンシャスなニューヨーカーが足を運んだ期間限定のナチュラルグローサリーストア「POP UP GROCER」

 NY暮らしでオーガニック(有機栽培)の食品を買うとなると、以前ならばホールフーズマーケット(WHOLE FOODS MARKET)やこだわりのグローサリーストアへ行くことがほとんどでした。

 

 マンハッタンに限定して言えば、この数年で一般チェーンのグローサリーストアでも、オーガニック、Non-GMO(遺伝子改良していない)、Gluten Free(グルテンフリー)などの商品を積極的に取り扱うスーパーマーケットが徐々に増えてきており、もちろん全ての人がという訳ではないですが、ニューヨーカーは健康管理に対し意識が高くなってきていると感じます。

 

 私も以前ひどく体調を壊したことをきっかけに、自分が口にするもの(FOOD / 食)、そして肌につけるもの(SKINCARE,COSMETICS / スキンケアやコスメ)により関心を持つようになりました。その頃の症状は薬で抑制することができ、安心はできたものの、毎日飲むことに対して抵抗がありました。薬だけに頼らず、もっと自然な方法で健康を取り戻したいと願い始め、食生活を見直すことを始めたのです。

 

 先ずは色々な人がブログでまとめている記事やSNSでもシェアされている情報を読み漁り、信頼できそうなこと、自分でもやれそうな事から始めました。その頃はジューサーを購入し、自宅で自分でフレッシュジュースを毎日作り、またヨガにもチャレンジし、メンタルの部分もケアする努力を行ってみました。話を早送りすると、ウェルネスに関心をもち、セルフケアに努めたら、免疫力が持ち直し徐々に健康を取り戻せたのです。そんな自身の経験からヘルス&ウェルネス、そしてセルフケアの大切さを日々意識するようになったのです。

 3月にマンハッタンのローワーイーストサイドでは、移動式のグローサリーストア「POP UP GROCER / ポップ アップ グローサー」が期間限定でオープン。創設者のエミリー・シルト(Emily Schildt)は、オープニング前から自身のインスタグラムアカウントとグローサリーストアのインスタグラム公式アカウント「@popup.grocer」で準備の様子や、ストアで取り扱うブランドの紹介を行い、開催前からヘルスコンシャスな人たちの関心を集めました。もちろん私もその1人でした。

 オープニング初日はあいにくの雨模様。しかし開店直後に訪れた店内には10名ほどのお客様がすでに買い物を楽しんでいました。たくさんのリテールが集まるエリアでもない場所で、しかも天気も悪い平日の午前中に、これだけの人が開店後すぐに集まり、その後も1人、2人と入店してくるのを見て、改めてニューヨークのヘルスコンシャスの高さに驚かされました。

 

 ポップアップグローサーでは、ホールフーズマーケットでも取り扱いのあるブランドから、初めて知るこだわりのブランドも多く、100種類以上のナチュラルフード商品を揃えたことで、「Discovery / ディスカバリー」 と 「Shopping / ショッピング」の二つの特別なエクスペリエンスを感じさせる空間を実現。創設者のエミリー・シルトは、自分が求めるグローサリーストアのエクスペリエンスが存在しないのをきっかけに今回ポップアップを考えたと話していましたが、まさに新たなグローサリーショップのエクスペリエンスだと感じました。

 

 こうしたグローサリーショップを利用する人たちは、主に自分の体に入る物(食品)に対し安心・安全な食品なのか関心が高く、健康なライススタイルを意識し、中には特別はダイエット(食事法)なども行っている人もいる。もちろん“流行り”や“インスタ映え”的な部分から以前とは違った視点で食に関心を持った人もいるでしょうが、ライフスタイルは“流行り”や“インスタ映え”ではなかなか続かないものです。

 私も買い物をする際は必ず商品成分を確認します。写真の商品は、私がよく購入する「ダン・フーズ(Dang Foods)」というブランドのプラントベース(植物性)のパワーバーですが、パッケージの裏面を見ても非常にシンプル。アーモンド、チッコリールーツファイバー、チョコレート、ピープロテイン、サンフラワーシード、ココナッツバターなど、いわゆる「これなんだろう?」と思う素材が入っておらず、使用されている食材の数も多くないので、食べた時に自然の美味しさを感じるのです。

 

 ポップアップショップでは、その場で飲めるホットコーヒーもありました(有料)。ここでは牛乳の代わりにアーモンドミルクやオーツミルクが用意されていており、お砂糖の代わりのスイートナーには、デーツのシロップが試せました。このデーツのシロップは、「 JUST DATE SYRUP 」というブランドのもので、100%オーガニックです。コーヒーに入れてもいいですし、ヨーグルトにかけても美味しいそうで、店内でも購入することができました。

 

 日本とアメリカではウェルネスやセルフケアへの関心にはだいぶ差を感じますが、トレンドとしてではなく、ヘルス&ウェルネスやメンタルヘルスの大切さに向き合っている人、ユニークなエンゲージメントを実践できる日本の企業さんに、こうしたポップアップを実現してほしい。1人でも多くの人が食生活や自分のライフスタイルを見直してみようというきっかけを作ってもらえたらなと思います。


 

RINA  

R I N A

90年代の米国がネットバブルだった頃に米国にて日本向けのファッションポータル事業にコンサルタントとして関わる。

 

以降、「ファッション」と「インターネット」上で行われるビジネスを中心とした事業に15年ほど携わり、Web製作やディレクション、ビジネスのコンサルタントを行う。現在は米国のファッション事情やトレンド、ファッションとIT関連を中心とした執筆、今までの経験と知識を活かしビジネスサポートも行っている。

アパレルウェブ ブログ
■ お仕事のご依頼
取材/記事執筆、マーケティングリサーチ、コンサルティング、その他お問い合わせ、ご相談はこちらから。

メールマガジン登録