PICK UP

2018.11.28

“エクスペリエンス”が物欲を掻き立てる グーグルのポップアップ「グーグル・ハードウェア・ストア」

 今年もこのシーズンがやってきました。毎年9~10月は、ファッションだけでなく、IT系商品も電化製品も新商品が発表されます。グーグルはこの数年、新商品の発表後、必ずニューヨークでポップアップショップを開催しています。

ワーク・ライフ・ホームの3つのセクションで展示

 マンハッタンのソーホーで開催中のポップアップ「グーグル ハードウェア ストア(Google Hardware Stores)」は10月18日から年末までオープンしています。店内はワーク(WORK)、ライフ(LIFE)、ホーム(HOME)の3つのテーマに分けディスプレイ。ワークのセクションには、ノートPC「ピクセルブック(Pixelbook)」や新商品のタブレット「ピクセル スレート(Pixel Slate)」、ライフには、「ピクセル 3(Pixel 3)」や「ピクセル 3XL(Pixel 3XL)」などのスマートフォン、そして、ホームのセクションには新商品の「グーグル・ホーム・ハブ(Google Home Hub)」やその他の関連商品がカテゴリー分けされていました。店内にある商品はすべて購入可能。ただし、「ピクセル スレート」に限っては予約受付中とのこと。発売日について店舗で確認してみましたが、私が訪れた10月の終わり頃には、まだ正確な日程は決まっていないとの回答でした。

テクノロジーの進化を感じさせる“トップショット”の機能

 ポップアップショップは2つのフロアに広がっています。地下フロアで特に感動したのは、スマートフォン「ピクセル 3」の新機能“トップショット”です。ブランコに座って漕ぎ出すと、壁からさまざまな背景が飛び出すように表示されます。スタッフに 励まされ一生懸命ブランコを漕いだところ(笑)、トップショット機能が作動し、HDR(ハイダイナミックレンジ合成)で連写。さらに連射した写真の中から、AIを使って最高の1枚を選んでくれるのです。ブランコを漕いでいて、髪が顔にかかってしまったり、目をつぶってしまったりなど、「この写真イケてない」って時ありますよね。トップショット機能では、シャッターを押した前後の瞬間を含めて複数枚撮影することで、失敗のない写真が撮れるのです。もちろんAIが選んだもののほかに、自分が気に入った瞬間の写真があれば、それを選択することもできます。

 

 このほか地下フロアでは、新作のスマートディスプレイ「グーグル ホーム ハブ(Google Home Hub)」や、昨年発売された高性能スピーカー「グーグル ホーム マックス(Google Home Max)」などを自由に使って試せるエクスペリエンスのエリアがあります。

ツリーハウスで体験するAI のすごさ

 地下フロアから1階まで続くツリーハウスでは、スマートディスプレイ「グーグル ホーム ハブ」を使ったスマートホーム体験ができます。そのなかで驚いたのは、「ピクセル 3」を使った演出です。ツリーハウスの中で様々なスマートホームを試した後、最後に記念撮影を勧められるのですが、驚くのは、写真撮影をしてくれることではありません。一緒に体験した仲間とツリーハウスのバルコニーに出て、「グーグル ホーム ハブ」に接続されているスマートフォンに向けて、「Okay Google, Take Photo(=Okayグーグル、写真を撮って)」とコマンドします。すると撮影をした瞬間、AIがその写真の中に何人いたのかを識別し、人数分の写真をプリントしてくれるということです。

 

 AI のことが世間で大きく取り上げられ、頭の中でなんとなくAIについてを理解してはいましたが、トップショットの様な機能や、ツリーハウスでのエクスペリエンスを通して感じたのは、「AIってこんなことまでできるの?!」ということ。基本的にはApple製品派の私ですが、グーグルのポップアップショップには、毎年ワクワクし、気持ちが揺らぎます。デザインや機能はもちろん、ポップアップショップの演出がなんとも楽しく、グーグルというブランドとのエンゲージ度が高いのです。

 

 もし開催中にニューヨーク、もしくはシカゴに訪れることがありましたら、皆さんもぜひ最新のグーグル製品、そしてこのエクスペリエンスを体験してみてください!

■グーグル・ハードウェア・ストア(Google Hardware Store) ―ニューヨーク
住所:131 Greene street, New York, NY 10012
専用サイト

■グーグル・ハードウェア・ストア(Google Hardware Store) ―シカゴ
1704 North Damen Avenue
Chicago, IL 60647
専用サイト

メールマガジン登録