NEWS

2018.07.11

ショールームも可士和流 「ifs未来研究所」に開設


あえて何もない空間に仕上げたア・ライフタイム・スポーツ・スタジオ

 変化を前提に、あえて作り込まない――クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が新しい考え方のショールームを作った。単に商品を並べ、企業側が一方的に発信するのではなく、入居する施設で開催するイベントなどと連動してモノの魅力を伝え、「化学反応」を起こす。今後の企画に柔軟に対応できるよう、スタート段階では躯体や什器を作り込まなかった。

メールマガジン登録