NEWS

2017.12.07

マッシュG来春物 ストリートやスポーツムードで

 マッシュグループの18年春物は、ストリートやスポーツのムードをブランドらしく取り入れた服やスタイリングが目立った。スカートはマーメイドシルエットなど量感を抑えた長め丈が出ている。素材は透け感や光沢のあるもの、リネン、スウェットが多い。色・柄はイエロー、赤、ラベンダー、ライムグリーン、ギンガムチェック、ドット、ストライプなど。

 

【関連記事】マッシュの新ブランド 来年2月、ルミネ新宿に1号店

 

 「フレイアイディー」はストリートの要素をモードに着こなす。スウェット、デニム、チノなどの服は、カジュアルになり過ぎないようディテールや色、スタイリングを工夫する。フリルやティアード、シャーリングにも注目し、デコラティブなスカート(2万2000円)にはシャープなトップを合わせてコントラストを付ける。


フレイアイディー

 「スナイデル」はプレイフルストリートをテーマに、ビッグシルエットのパーカと透け感のあるドットのロングスカートなど、スタイリングで女性らしさを出す。アメリカンスリーブのワンピースにルーズなカーディガンを合わせるなど、肌見せもポイント。

 素材に特徴のある商品も多い。「ミラオーウェン」はリネンのアイテムが充実。カラーリネンのシャツ(7800円)とスカート(8800円)のセットアップや、シャーリングでウエストマークしたストライプのワンピースなど。


ミラオーウェン

 「リリーブラウン」は透け感や光沢も推す。たっぷりとしたラッフル&ワンショルダーのシアー素材のブラウスや、チュールビュスティエ付きのロングシャツ。シューズなどの雑貨にはラメやビニールを使う。

 「ファーファー」は、軽やかなメッシュ地に迷彩柄をのせたスカート(2万4000円)に、ふかふかしたエコファーベスト(2万7500円)を合わせる。ベストの背中には動物の爪あとのような凹みを入れ、サファリスタイルをユーモラスに表現した。


ファーファー
メールマガジン登録