NEWS

2021.09.27

ユナイテッドアローズの新レーベル「シテン」 路面店やカフェで限定店 認知高めECに送客

期間限定店は自社の店舗だけでなくカフェにも出し、ブランド認知を広げる

 

 ユナイテッドアローズが今秋スタートしたEC主力の新レーベル「シテン」は、ブランド認知を広げるため、リアルイベントに力を入れている。発売前にSNSのインフルエンサーを集めた内覧会を開催し、発売後は期間限定店を路面店、商業施設内の店舗のほか、ブランドのコンセプトと親和性の高いカフェにも出した。異なる客層が集まる立地で相次いで商品を見せることで、認知を高め、ECへの送客につなげる。シテンは、ユナイテッドアローズの既存業態でリーチできない20代半ば~30代前半の客層を狙うため開発した。ECでの販売を前提に品番数は抑え、男女兼用のアイテムも多い。「グリーンレーベルリラクシング」より3割安く、子会社の「コーエン」より2割高く、と買いやすい価格帯に設定した。

メールマガジン登録