NEWS

2021.09.22

早稲田大学「村上春樹ライブラリー」 ファストリ柳井氏「日本文化を世界へ発信する場所に」

村上春樹さんが書籍や資料を、柳井正さんが建設費用を寄贈し、隈研吾さんが設計を手掛けたライブラリー

 

 早稲田大学は「早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)を10月1日に開館する。村上春樹さんの文学研究と国際文学、翻訳文学の研究拠点を目指すもので、村上さんが寄贈した書籍や書評、資料、収集したレコードを展示、閲覧できる。設計は建築家の隈研吾さんが手掛け、建設費用12億円はファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんが寄贈した。村上さんと柳井さんはともに早稲田大学出身で、同時期に在学していた。

メールマガジン登録