NEWS

2020.11.24

レイ・カズン 若者支援の新プロジェクト 独自商品販売で寄付など

プロジェクトのロゴがプリントされたトートバッグ(890円)

 

 婦人服製造小売りのレイ・カズン(東京、足達成幸社長)は、CSR(企業の社会的責任)活動の新プロジェクト「チアーアップ」を始動した。11月20日から、特別に企画・生産した商品の販売を開始しており、売上高の10%を支援事業団体に寄付する。今後はアパレル業界への就職を志す学生を支援する活動なども計画し、学校や企業、アーティストなど、同プロジェクトの賛同者と協業しながら、活動を発展させる。

メールマガジン登録