NEWS

2020.07.01

H&M上期 2割強の減収、赤字に 下期はデジタル戦略加速

 H&Mの上期(19年12月~20年5月)業績は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて2割強の減収となり、営業損益、税引き後損益が赤字となった。売上高は836億1200万クローナで前年同期比22.9%減、営業損益は34億9800万クローナの赤字(前年同期は69億4000万クローナの黒字)、税引き後損益は30億6300万クローナの赤字(53億7200万 クローナ の黒字)だった。これまで出店拡大を続けてきたが、20年度は総店舗数が40店減少する見通しだ。

メールマガジン登録