NEWS

2020.04.28

阪急百貨店のEC、全カテゴリー伸び レディスは3、4月2倍に

 

 緊急事態宣言を受け、全国の百貨店が食料品以外の休業を余儀なくされるなか、阪急百貨店はECでファッション、コスメの販売を継続している。「外出自粛でも商品を必要としているお客様を考慮し、可能な限り要望に応えたい」との思いから、商品の手配や運営面も可能な範囲で営業している。EC売上高は前年同期比で2月が34%増、3月59%増、4月3倍(18日まで)と伸長した。全分野が前年実績を上回り、特にビューティー(コスメ)が4月で4倍と大きく伸び、レディスファッションも3月、4月で2倍と好調に推移している。

メールマガジン登録