NEWS

2020.04.21

JCペニーとニーマンマーカス 債務返済を見送り

 【サンフランシスコ=立野啓子通信員】新型肺炎の影響によるロックダウンにより、米国で1カ月近く店舗閉鎖が続く中、百貨店のニーマンマーカスは先週末が期限だった債務返済を見送った。百貨店のJCペニーも先週、社債利払いを見送った。JCペニーは37億ドル、ニーマンマーカスは47億ドルの債務を抱える。再建には時間と資金が必要で、米連邦破産法11条の適用申請の準備段階に入ったと推測する現地報道も多い。

メールマガジン登録