NEWS

2019.11.08

ワールドが通期予想を上方修正 ブランド事業が増収

上山社長
 

 ワールドは、20年3月期連結業績(IFRS)予想を上方修正した。下期は期初の計画値をほぼ据え置いており、上期の上ぶれ分を通期業績に反映した。とくに収益性を高めているブランド事業が増収、コア営業利益が2ケタ増の計画で、連結業績を引き上げるとみている。通期連結業績は、売上収益が0.4%増の2509億円(期初計画に対し9億円の増加)、コア営業利益10.6%増の180億円(同5億円の増加)を見込んでいる。

メールマガジン登録