NEWS

2019.06.18

中国の「618商戦」がヤマ場 アリババはARを駆使

 【上海支局】上期ネット商戦で最大のイベント「618商戦」がヤマ場を迎えた。同商戦は京東が10年に同社設立記念日の6月18日にセールを行ったのが始まり。現在はアリババが提唱して始まった11月11日(独身の日)に次ぐ規模になっている。独身の日と同様にアリババグループ、蘇寧なども参加している。

 上海市内でも京東とアリババが大々的に宣伝をしており商戦を盛り上げている。上海はアリババの本社がある杭州に近いためか、今年はアリババの宣伝が昨年より目立っている印象がある。

【関連記事】《FB用語解説》「618」商戦 独身の日に次ぐECのビッグイベント

メールマガジン登録