NEWS

2019.05.14

「エクボ・クローク」 カフェや店舗をロッカー代わりに

 カフェやショップをロッカー代わりに――荷物を預けたい個人と一時的に預かる店舗をアプリで結びつけるサービス「エクボ・クローク」を提供するエクボ(東京、工藤慎一社長)の事業が急拡大している。国内外の旅行客が増え続けるなかコインロッカーが不足し、追い風が吹く。少額だが日銭が入り、来店促進につながることもあって導入店舗にメリットがある。今後も国際イベントが目白押しで、同社は導入店舗の開拓を急いでいる。

メールマガジン登録