NEWS

2019.04.22

ITのスペースエンジン 次世代型ショップをオープン


アートとファッションの融合をテーマにブランドを揃えた

 

 スペースエンジン(大阪市、野口寛士社長)は〝次世代型〟ショップ「オルター・バイ・スペースエンジン」を東急プラザ銀座内にオープンした。

 スペースエンジンは、ITのスタートアップ企業で、「世界初」という店舗シェアリングサービスを提供している。メーカーやブランドが販売したい店舗にアプリを通じて販売依頼をし、小売り側がリクエストを承諾すれば、店舗で販売ができる。これまでHEPファイブや西宮ガーデンズなどが参加し、今回の東急プラザ銀座も同様の取り組み。年初に開いた期間限定店が好評だったことから、4階で実施することになった。

メールマガジン登録