〔決算〕メルカリ、18年6月期は70億円の純損失=米国事業が利益を下押し | アパレルウェブ:アパレル・ファッション業界情報サイト

NEWS

2018.08.09

〔決算〕メルカリ、18年6月期は70億円の純損失=米国事業が利益を下押し

 メルカリ=2018年6月期連結決算は70億円の純損失だった。フリーマーケット(フリマ)アプリ「メルカリ」の国内市場が順調で増収を確保したが、成長市場と位置付ける米国での投資が利益を削った。19年6月期の連結業績予想は売上高、各利益ともに非開示とした。 
 メルカリは6月に東証マザーズへ上場。今回が株式公開後初めての決算発表となる。アプリ内で物を売ったり買ったりする合計金額「流通総額」は、この1年間で前期比48.1%増の3704億円と大きく拡大。内訳で見ると、国内が49.5%増の3468億円。これに対し米国では27.2%増の2億1200万ドルだった。
 国内事業では、技術者を中心とした人材の積極採用に伴う費用などが増えたが、利用者の伸びが下支えする形で増収増益を確保。しかし、米国市場での知名度の向上を目的とした広告宣伝費や人件費などが拡大し、米国事業は赤字だった。
 こうした米国市場での先行投資に加え、国内での新規事業の創出に向けた開発費もあり、6期連続の赤字となった。
 東京都内で記者会見した創業者の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は「まだ短期的な収益を目指すフェーズではない。中長期的な成長を目指してきたい」と話した。黒字転換を目指す時期については明言を避けた。

メールマガジン登録