メルカリ、純損失70億円=広告費圧迫、売上高は最高-18年6月期 | アパレルウェブ:アパレル・ファッション業界情報サイト

NEWS

2018.08.10

メルカリ、純損失70億円=広告費圧迫、売上高は最高-18年6月期

 フリーマーケットアプリ大手のメルカリが9日、上場後初の通期決算となる2018年6月期連結業績を発表した。成長市場と位置付ける米国での広告宣伝費などの投資がかさみ、純損失が前期の42億円から70億円に膨らんだ。国内の利用者増加を受けて、売上高は前期比62%増の357億円と過去最高だった。
 メルカリは13年創業。若者を中心にアプリ利用者が急拡大する中、今年6月に株式を公開した。事業拡大を目指す米国市場での広告宣伝費や、専門技術者獲得による人件費の増加が利益を圧迫した。 
 創業者の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は9日の記者会見で、純損失計上について「まだ短期的な収益を意識する段階ではない」と述べ、当面の利益より将来の成長に向けた投資を重視する考えを示した。
メールマガジン登録