NEWS

2019.03.14

無料梱包でフリマ利用促進=メルカリと日本郵便

 

 フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリと日本郵便は14日、荷造り用の資材を無料で提供し、フリマアプリで売れた商品を手軽に発送できる新サービスの実証実験を始めたと発表した。光が丘(東京都練馬区)など首都圏の五つの郵便局に、利用者向けの梱包(こんぽう)コーナーを新設した。フリマアプリの利用促進と郵便局への来客増加が狙い。
 メルカリの出品者が、取引が成立した商品を郵便局に持って行けば、箱、袋、緩衝材など無料の資材を使って簡単に発送できる。いずれもメルカリが提供する。箱に広告を載せることで無償化の費用を賄った。箱は約2万個を用意し、なくなり次第実験は終了する。 
 メルカリの調査によると、未利用者が出品しない理由は「梱包・発送作業が大変そうだから」が一番多いという。両社は実証実験の利用状況を見極めた上で、サービスの本格展開を検討する。

メールマガジン登録