NEWS

2019.02.05

スーパーボウルとソーシャルメディアに関する調査を実施=米BCW〔BW〕

 【ビジネスワイヤ】グローバル・コミュニケーション代理店の米バーソン・コーン&ウルフ(BCW)は、スーパーボウルに関する第6回年次調査の結果を発表した。この調査は、昨年スーパーボウルを視聴して今年も見る予定のある1002人を対象に今年1月9日~14日に実施された。調査の結果、スーパーボウルと合法ギャンブルを組み合わせることや、eスポーツとのタイアップでスーパーボウルをさらに楽しむことには、他の世代と比べてミレニアル世代の関心が高いことが分かった。スーパーボウルの広告では、ソーシャルメディアが先行広告で大きな役割を果たしている。昨年はフェイスブックがトップのプラットフォームであったが、その人気は下降気味で、今年はインスタグラムとスナップチャットが勢いを増している。視聴者はプロスポーツにおけるテクノロジーを評価しているが、審判の判定でもテクノロジーを生かすべきという意見もある。
 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 

メールマガジン登録