NEWS

2017.12.18

住友商事がサマリーに5億円出資、サマリーポケットを共同展開

 サマリーが第三者割当増資を実施し、住友商事から5億円の出資を受けた。今後はスマートフォンを活用した収納サービス「サマリーポケット(Sumally Pocket)」を共同で展開していく。

 サマリーポケットは、サマリーと寺田倉庫が共同で2015年から展開している収納サービス。寺田倉庫が運営・管理する倉庫に荷物を預け、荷物はサマリーが開発したアプリ上で管理することができる。今回の資金調達でサマリーは、同事業で預かった収納物を活用するためSNS「サマリー(Sumally)」と連動させ、CtoC売買の拡大とシェアリング事業の展開を進める。

 住友商事はマンション開発等の不動産事業といった、サマリーポケットのユーザーとなりうるBtoC事業とのシナジーにより同事業の拡大を追求するとともに、Eコマース事業の運営で培った物流やマーケティングノウハウも活用し、CtoC売買やシェアリング事業の実現に共同で取り組んでいく予定。またサマリーの株主である寺田倉庫と共同で、多様化するニーズに合わせた新規事業の創出も目指す。

メールマガジン登録