NEWS

2018.08.24

バング&オルフセン、Google アシスタント搭載スピーカー発売


Image by:Bang & Olufsen

 デンマークの高級オーディオブランド「バング&オルフセン(Bang & Olufsen)」が、Google アシスタント搭載のスマートスピーカー「Beosound 1」(24万3,000円)と「Beosound 2」(31万8,600円/全て税込)を発表した。発売は9月を予定しており、バング&オルフセンのストアで取り扱う。

 持ち運びを考慮して作られた「Beosound 1」とパワフルで優れたサウンド出力が特徴的な「Beosound 2」は、Google アシスタントがコマンドを聞き取れるよう、高度な音響エコーキャンセリング技術を採用。また、アルミニウムのボディに5個のマイクを埋め込むことでスピーカーが発する音とユーザーのコマンドの識別が可能となっている。スピーカー上部には4個の「お気に入りボタン」を設置しており、ラジオ局や音楽プレイリストのストリーミング、天気予報、カレンダーの読み上げなど、よく使うコマンドを単一のボタンに割り当てることが可能。スピーカー以外にも、Google アシスタントと互換性のあるスマートホームデバイスや音楽サービスをコントロールすることができる。

 9月25日には、日本橋高島屋S.C.新館に国内最大規模の専門店「バング&オルフセン 日本橋」をオープン。約120平方メートルの店内では、1台あたり8,200Wの出力を誇るフラッグシップスピーカー「BeoLab 90」をはじめ、アクティブスピーカー「BeoLab 50」や世界最高水準のテレビサウンドシステムを搭載したテレビ「BeoVision Eclipse」、ワイヤレススピーカー、イヤフォン、ヘッドフォンなどを展開する。

■バング&オルフセン 日本橋
住所:東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋 S.C. 新館5階
電話番号:03-6281-9435
営業時間:10:30〜20:00
Bang & Olufsen:公式サイト

メールマガジン登録