NEWS

2018.07.25

LVMHグループ、「ルイ・ヴィトン」好調で増益


ルイ ヴィトン シャンゼリゼ本店
Image by: FASHIONSNAP.COM

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループ(以下、LVMH)が、2018年上半期決算を発表した。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」がけん引し、連結売上高は前年同期比10%増の217億5,000万ユーロ(約2兆8,280億円)で増益となった。

 上半期の連結経常利益は、28%増となる46億4,800万ユーロ(約6,043億2,366万円)で、純利益は41%増の30億ユーロ(約3,906億557万円)。ファッション&レザーグッズ事業では、特にルイ・ヴィトンが好調に推移し、売上高は15%増の85億9,400万ユーロ(1兆1,179億円)となった。LVMHのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼CEOは「上半期の優れた成果は、当社ブランドの強さと戦略の有効性を証明しています。今後もラグジュアリーの分野で、リーダーシップをさらに高めていきます」とコメントを発表している。

メールマガジン登録