NEWS

2018.04.24

「ポール・スチュアート」がパターンオーダーを拡充、幅調整が可能に

 「ポール・スチュアート(Paul Stuart)」が、パターンオーダーサービス「MADE TO MEASURE」を拡充する。

 「MADE TO MEASURE」はジャケットやパンツ、スカートなど既成品を自身のサイズに合わせ、素材やボタンなどをカスタマイズできるパターンオーダーで、利用者を増やしている。これまでは、パンツ丈や袖丈といった長さ調整のオーダーサービスを提供してきたが、8月中旬からバストやウエスト、裾周りといった幅調整の補正にも対応。パーソナライズ化が進む市場ニーズに応えるため、今後もサービスの拡充を進めていくという。

■ポール・スチュアート:日本公式サイト

メールマガジン登録