NEWS

2020.02.03

ストライプがD2C事業本格始動、身長153cm以下の女性向けブランド「レム クローゼット」がデビュー

レム クローゼット メインヴィジュアル
Image by: ストライプインターナショナル


 ストライプインターナショナルが、D2C事業を本格的に始動することを発表した。第1弾として身長153cm以下の女性向けファッションブランド「レム クローゼット(rem closet)」を立ち上げ、3月26日に販売を開始する。

【あわせて読みたい】「業績下がれば社長やめる」宣言の真意は?ストライプインターナショナル石川康晴社長2020年のチャレンジと戦略

 新ブランドは、低身長で服のサイズが合わないという悩みを抱える20代後半から30代の女性に向け、小柄な女性に合うサイズのトレンドカジュアルウェアを提案。フロント部分にスリットが入ったニット(5,000円)や無地のミニマルなハイネックトップス(3,000円)、センタープレスを施したフレアパンツ(7,000円)、着丈の長いノーカラーのガウンコート(8,000円/すべて税別)などをラインナップする。ディレクターに抜擢された松井里穂は「コエ(koe)」の元ショップスタッフで、松井自身のコンプレックスである150cmの小柄な体型をカバーするコーディネートを毎日インスタグラムやファッションコーディネートアプリ「ウェア(WEAR)」に投稿し、多くの女性から支持を集めている。

 ストライプインターナショナルの石川康晴代表取締役社長は、「急成長しているD2C市場を機会と捉え、当社はD2C事業を本格始動します。私たちは、社内、社外のインフルエンサーと共に、合計20ブランド総額100億円のD2C事業をつくってまいります」とコメントした。

 

■rem closet:公式インスタグラム

メールマガジン登録