NEWS

2019.12.03

アットコスメ「ベストコスメアワード」の中国版発表、アリババグループと共同

(左から)アイスタイルチャイナ 董事長兼総経理吉田直史氏、アイスタイル代表取締役社長兼CEO吉松徹郎氏、アリババグループ 天猫ビューティディレクター 楊瑩氏、アリババジャパン オリンピック事業推進兼PR担当部長 松下英明氏

Image by: FASHIONSNAP.COM



 「アットコスメ(@cosme)」を運営するアイスタイルが、アリババグループによるBtoCオンラインショッピングモール「天猫(以下、Tmall)」との新たな取り組みを発表した。12月3日の今日、Tmall内に「@cosmeベストコスメアワード 2019」の中国版「@cosme ベストコスメアワード with Tmall 2019」を新設。来年から毎年12月3日にアワードを発表し、アットコスメ内の取扱商品の中国での認知度向上や、Tmallでの購買体験の充実を目指す。

【2019年ベスコスは?】セザンヌの"塗るレフ板"が「ベストコスメアワード 2019」受賞、オペラのリップティントは殿堂入り

 アイスタイルは2015年に連結子会社のistyle China Co.,Limited(以下、アイスタイルチャイナ)を通じて越境ECの天猫国際(以下、Tmall Global)に「@cosme官方海外旗艦店」を出店し、日本の化粧品を販売するとともにSNSで日本の美容情報を中国向けに発信。2018年にはアリババグループが主催する「Tmall Beauty Award 2018」で、「Tmallのアクティブユーザーの女性約1億人が最も参考にした口コミランキングを提供する企業」にアイスタイルチャイナが選出された。より多くの現地ユーザーにリーチするため、今年3月に一般貿易サイトであるTmallに旗艦店「@cosme官方旗艦店」をオープン。出店にあわせてWeibo(微博)のアカウントも開設し、日本ブランドの化粧品と美容情報の発信力を高めてきた。

 今回新設した@cosme ベストコスメアワード with Tmallは、日本国内で発表する@cosmeベストコスメアワードに選出された商品から、Tmall内でも口コミ数が多く評価されている商品を全32カテゴリー毎に表彰。Tmallサイト上に特設ページを設けるほか、受賞アイテムのページにアットコスメとTmallによるオリジナルタグを掲出することで、日本と中国両国内で支持されている点を分かりやすくし、知名度向上と購買を促すという。

【あわせて読みたい】初の旗艦店「@cosme TOKYO」はトム フォード ビューティなど新規ブランドが充実、動画配信スペースの開設も

メールマガジン登録