NEWS

2019.11.26

スタバが紙製ストローに切り替えへ、来年3月までに全店舗に導入


スターバックス 紙製ストロー使用イメージ
Image by: Starbucks Coffee Japan


 スターバックス コーヒー ジャパンが、2020年1月からプラスチックストローを紙製ストローに順次切り替えると発表した。3月までに1,500店を超える日本のスターバックス全店舗に導入する予定で、一部のフラペチーノに使用する太い口径のストローは5月から紙製に切り替えていく。

【12月の新作】スタバが藤原ヒロシ「フラグメント」とのコラボ新作を発売、カップ付きステンレスボトルが初登場

 紙製ストローは適正に管理された森林からの原材料で生産されたFSC®認証紙を採用。ストローの素材変更により、年間約2億本分のプラスチックストローの削減に繋がるという。ストローの包材には「一人ひとりの行動が未来を動かす」「私たちの小さな選択が未来をつくる」「Reduce & Respect」など、サステナブルな未来を目指すメッセージが記される。

 スターバックスはこれまでにもサステナビリティーへの取り組みとして、倫理的なコーヒー豆の調達やマイカップとマイタンブラーの推進、ミルクパックをリサイクルしたペーパーナプキンの提供を行っている。今後はストローのみならず、店内で使用するそのほかの使い捨てプラスチック資材削減に取り組んでいくという。

【話題の店舗】スタバ新業態はフードメニューが充実、座席予約で待ち時間解消も

メールマガジン登録