NEWS

2019.11.13

ファストリが全世界の倉庫自動化へ、サプライチェーン改革に向けてパートナー企業拡大

 

(左から)会見に登壇したファーストリテイリング 神保拓也グループ上席執行役員、MUJIN 滝野一征CEO兼共同創業者、ファーストリテイリング 柳井正代表取締役会長兼社長、ダイフク 下代博代表取締役社長、Exotec Solutions SAS ロマン・ムーランCEO

Image by: FASHIONSNAP.COM

 

 

 ファーストリテイリングが、知能ロボットコントローラを展開するMUJINおよび、商品ピッキングシステムを提供するExotec Solutions SASとサプライチェーン領域における戦略的グローバルパートナーシップを11月13日の今日締結したことを発表した。従来の製造小売業から「情報製造小売業」へと生まれ変わらせるプロジェクト「有明プロジェクト」におけるサプライチェーン改革の一環として、倉庫の自動化の推進とグローバル展開を加速させていくという。

【こちらもチェック】ファストリ海外ユニクロ事業が初の売上1兆円突破、過去最高業績を3年連続更新

 ファーストリテイリングでは過剰在庫・欠品の削減や、リードタイムを削減し顧客に迅速に商品を届けることを目的に国内外にある倉庫の全自動化を推進しており、昨年10月にはマテリアルハンドリングシステムで世界トップクラスのダイフクとグローバルパートナーシップを締結。同社が持つ240の倉庫のうち、ダイフクとは既に国内2拠点、海外2拠点の倉庫自動化に着手しているが、今回の締結を機にMUJINと海外1拠点、Exotec Solutions SASと海外1拠点の倉庫自動化を新たに推進していくという。

 また、MUJINとモーションプランニングAIを用いたピッキングロボットを開発。商品の種類が多く、柔らかいアパレル製品のピッキング作業の自動化はこれまで困難とされてきたが、新しいピッキングロボットではそれを可能にした。11月13日の今日開いた記者会見ではピッキングロボットを用いた作業を映像で公開。将来的には全世界の倉庫に導入していく計画だ。

 会見に登壇した柳井正代表取締役会長兼社長は「インターネットとサービスが融合する時代の中で、人工知能、ロボティクス、センサーといったものと共存し、本当の意味でサプライチェーンを作れたところが一番成長していく企業だと考えている。改革は3年〜5年以内で完成させたい」と話す。ファーストリテイリングでは今後、最先端の技術を持つ企業とのパートナーシップを拡大するほか、サプライチェーンの改革をリードできる人材の採用を積極的に行うという。

【あわせて読みたい】ファーストリテイリングがショッピングバッグを紙袋に切り替え、2020年内にプラスチック包装85%削減へ

メールマガジン登録