NEWS

2019.11.12

アシックスが隈研吾と初コラボ、竹細工技法をヒントにランニングシューズ製作

メタライド アム
Image by: アシックス

 

 「アシックス(ASICS)」が、建築家の隈研吾とコラボレーションしたランニングシューズ「メタライド アム(METARIDE AMU)」を12月20日に世界2,020点限定で発売する。隈がデザインしたシューズが販売されるのは初めて。価格は税別3万6,000円で、原宿店や心斎橋店、オンラインストアなどで取り扱う。

 コラボモデルのベースに採用した「メタライド(METARIDE)」は、走行時のエネルギー消費を従来製品の約5分の1削減したランニングシューズで、効率的な足運びをサポートする「ガイドソール(GIDESOLE)」や軽量性、耐久性、反発性を備えた二重構造のミッドソールなどによって少ないエネルギーでより長く走り続けることができる。

>>アシックスが新ランニングシューズ「メタライド」発表、少ないエネルギーでより長距離を走れる新構造  

 新作は、テープ状の素材が複雑に編み上げられたホワイトのアッパーが目を引くデザインで、日本の伝統的な竹細工技法の「やたら編み」からインスピレーションを得たという。テープの位置や形状はランニング時に足をしっかりとホールドするように設計し、サイドにアシックスストライプを忍ばせた。ミッドソールには、軽量かつ高強度の次世代高機能素材として近年注目されている木材由来のセルロースナノファイバーを使用し、着色せずに木のような色味を活かすことで環境に配慮した建築を目指す隈のデザイン理念を反映している。

 隈は近年、新国立競技場や、ストライプインターナショナルが展開する「コエ ドーナツ(koe donuts)」の店舗デザイン、「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」の外観デザイン、日本橋三越本店の環境デザインなどを手掛けており、長年の活躍が讃えられ、2019年春の紫綬褒章を受章した。

【あわせて読みたい】新国立競技場デザインは隈研吾氏らの案に決定 和の感覚取り入れた「水と緑のスタジアム」に

■メタライド アム:特設サイト

メールマガジン登録