NEWS

2019.10.30

ナイキ、サーフブランド「ハーレー」を米投資会社に売却へ

ハーレーの公式サイトより
 
 

 ナイキ(NIKE)が、傘下のサーフブランド「ハーレー(Hurley)」を米国の投資会社ブルースター・アライアンス(Bluestar Alliance)に売却する。売却手続きは12月に完了を予定しているという。

【ナイキのM&A】ナイキがAIのスタートアップを買収、顧客の購買行動を予測

 ハーレーはナイキが2002年に傘下に収めて以来世界的に成長し、ナイキがスケートボードやスノーボードの領域に展開する機会を与えた。ナイキの製品責任者は「ハーレーの所有者がブルースター・アライアンスに変更することで、ブランドの成長の可能性に対し、意図的でより集中した投資ができるようになるだろう」とコメントしている。

 ブルースター・アライアンスは「ベベ(Bebe)」といったブランドや、小売チェーン「ブルックストーン(Brookstone)」のライセンスを所有している。

【注目のM&A】LVMHがティファニーにM&A提案?米市場と時計&ジュエリー部門の拡大狙う

メールマガジン登録