NEWS

2019.10.16

「パタゴニア」日本でショッピングバッグ全廃、エコバッグのシェアリングに切り替えへ

 

Image by: パタゴニア 日本支社

 

 

 「パタゴニア(Patagonia)」を日本で展開するパタゴニア日本支社が、2020年4月1日から全直営店舗でショッピングバッグの提供を廃止する。

【こちらもチェック】ファーストリテイリングがショッピングバッグを紙袋に切り替え、2020年内にプラスチック包装85%削減へ

 同社はこれまで、オーガニックコットン製キャンバスバッグの販売を通じたマイバッグ持参の奨励、リサイクル原料を100%使用したショッピングバッグをデポジット制システムで循環させるシステム「デポバッグ」の導入などを実施。一連の取り組みを通じて顧客の約83%がマイバッグを持参するようになったことから、デポバッグを含むショッピングバッグを全廃することを決めたという。

 このほか、各家庭で使用されていないエコバッグを購入者にショッピングバッグとして貸し出す「エコバッグ・シェアリング」を同日開始する。各直営店では現在、利用していないエコバッグの提供の呼びかけや回収を行っている。

【あわせて読みたい】パタゴニアが参院選投票呼びかけ、7月21日に直営店全店休業

■パタゴニア日本支社
公式サイト

メールマガジン登録