NEWS

2019.10.09

Amazonが偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」を日本国内で開始

公式サイトより
 

 

 アマゾン(Amazon)が10月9日の今日、偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」を日本国内で開始した。

【模倣品の現状】模倣品の輸入差し止め件数は5万点以上、イッセイ ミヤケなどがデザイン保護の重要性訴え

 Project Zeroはアマゾンがブランドオーナーと協力しながら偽造品の撲滅を図る取り組みで、2019年に米国と欧州で展開を開始。50億件を超える商品情報を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知する「自動プロテクション機能」をはじめ、ブランドオーナーが疑わしい商品をサイト上から削除できる「セルフサービスの偽造品削除ツール」、ブランドオーナーが自社商品の製造・発送の過程で発行する固有のコードを使い、アマゾンで販売される商品の真偽を精査するサービス「商品のシリアル化」(日本では2020年前半に提供開始予定)といった3つの機能を備えている。

 プロジェクトへの登録は現在招待制となっており、米国と欧州では約6,000以上のブランドが参加しているという。日本国内ではパナソニックやアイリスオーヤマ、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アイロボット、川崎重工、タカラトミー、ダダリオなどの企業が試験運用を開始している。アマゾンは今後、Project Zeroにおけるテクノロジーの向上と展開エリアの拡大を図りながら、偽造品の撲滅に向けて取り組んでいくという。

【あわせて読みたい】楽天と講談社が模倣品対策で協力、楽天市場やラクマ内の違反出品者に利用停止などの措置

Project Zero

メールマガジン登録