NEWS

2019.10.03

指定したアカウントからのコメントを非表示に、インスタグラムが「制限」機能を全世界で導入開始

Image by: インスタグラム
 
 

 インスタグラム(Instagram)が10月3日、今年7月からテスト運用してきた「制限」機能を日本を含む全世界で導入した。

【インスタグラム注目機能】「インスタグラム」の"いいね!"数が非表示に、日本でテスト運用を開始

 「制限」機能を有効にすると、指定したアカウントが自分の投稿にコメントをしても自分に通知は届かずそのアカウントのみに表示され、「コメントを見る」をタップすることで制限したアカウントからのコメントを確認したり、承認して他の利用者に表示することできる。制限したアカウントからのダイレクトメッセージにおいては、自動的にメッセージリクエストに移動されて通知が届かない仕様になっており、メッセージを閲覧しても既読になったことや自分がインスタグラム上でオンラインであることは相手に表示されない。「制限を解除」した場合は、その後のダイレクトメッセージは通常通り受け取ることができる。

 同社によると、オンライン上でいじめを経験した若い世代は被害を報告したり、相手をブロックしたりすることをためらう傾向があるといい、同社はオンライン上のいじめ対策で業界を牽引することを目指すという。

【あわせて読みたい】インスタグラムが参院選投票呼びかけ、「選挙スタンプ」がストーリーズに期間限定で登場

メールマガジン登録