NEWS

2019.10.03

セブン-イレブンが「メルカリ」の梱包資材を全国の店舗で発売、ワンストップショッピングを提供

Image by: FASHIONSNAP.COM
 

 メルカリとセブン-イレブン・ジャパンが、フリマアプリ「メルカリ」で販売した商品を梱包できるメルカリオリジナルの梱包資材を10月3日に発売した。一部店舗を除く全国のセブン-イレブンで取り扱っている。

【あわせて読みたい】コインランドリーで洗濯した衣類をその場で撮影・出品が可能に、メルカリとトーセイが実証実験開始

 梱包資材はビニール袋(5枚、140円)、クッション封筒(2枚、130円)、宅急便コンパクト(69円)、ネコポス用段ボール(66円/いずれも税込)といった小型の商品を梱包できる計4種をラインナップ 。メルカリ内でのアンケート調査において、出品未経験の顧客が出品しない理由について「梱包・発送作業が大変そうだから」が最も多く、その背景として「(発送方法・梱包資材入手・梱包・送料の全ての軸で)どうしたらいいかよくわからない」といった回答が多数挙がったことを踏まえて、ユーザーが悩むことなく簡単に梱包資材を入手できるサービスの提供に至ったという。

 セブン-イレブンでは、メルカリとヤマト運輸が連携して展開する発送サービス「らくらくメルカリ便」の提供を昨年5月に開始。現在の受付件数は開始当初の約3倍に伸長しているという。今回の梱包資材の発売について、セブン-イレブン・ジャパン 商品本部の石橋利彦氏は「『らくらくメルカリ便』というお客様に支持されているサービスを取り扱う中で、梱包資材の購入から発送まで一つの店舗で完結できる『ワンストップショッピング』を提供することで来店動機に繋げ、セブン-イレブンを"近くて便利"な店舗として更に認知してもらいたい」と話した。

 メルカリでは今後、消費者のニーズに応じて大型の荷物にも対応した梱包資材のラインナップを拡充していく予定。セブン-イレブン以外のコンビニエンスストアへの導入も視野に入れており、コンビニ各社と協議を進めているという。

 

特設サイト

メールマガジン登録