NEWS

2019.10.02

クールジャパン機構、日本人が手掛けるNY発ファッションブランド「エムエムラフルアー」に20億円出資

(左から)中村美也子チーフクリエイティブオフィサー、ラフルアー宮澤沙羅CEO
Image by: FASHIONSNAP.COM
 

 クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)が10月2日、日本のテキスタイルを活かしたファッションブランド「エムエムラフルアー(MM. LaFleur)」を展開するMM. LaFleur Inc.(以下、エムエムラフルアー)に対し約20億円を出資すると発表した。

【あわせて読みたい】クールジャパン機構、クモ糸繊維の開発行うベンチャー企業スパイバーに30億円出資

 エムエムラフルアーは、CEOのラフルアー宮澤沙羅とチーフクリエイティブオフィサーの中村美也子が2013年にニューヨークで設立。日本のテキスタイルを用いたシンプルなデザインが特徴で、幅広いサイズのアパレルと、靴やベルト、ジュエリーを含むアクセサリーを75~495USドルの価格帯で提供している。現在は自社ECをはじめ、全米8ヶ所の実店舗、ポップアップなどで販売。ウォッシャブルで伸縮性に優れるなど、高品質かつ高機能なウェアがニューヨークを中心にアメリカの働く女性たちから支持を集めている。また、スタイリストに直接相談しながら試着しオンラインで発注できるサービスや、よりパーソナライズされたスタイリングを提案するVIP向けサービス「Kizukai」を提供するなど、働く女性たちのライフスタイルやニーズに合わせたビジネスモデルを展開している。

 今回の出資によりエムエムラフルアーは、日本の素材を活かしたオフィスカジュアルに対応する商品ラインナップの拡充や、マーケティングの強化を図る。また、PCが入るハンドバッグやバックパックなど消費者のニーズに対応した新商品の開発を検討しているという。将来的に欧州やアジア地域などへのグローバル展開を見据えており、2020年春には日本、カナダ、イギリス、オーストラリアなどでECサイトを通じた取り扱いを開始する予定。宮澤CEOは「日本にいない期間が長いのでまずはマーケットのことを色々と知る必要があるが、将来的にはECで購入する前に試着ができるショールームのような場所を日本で作れたら」と話し、日本国内での事業拡大にも意欲的な姿勢を見せた。

 クールジャパン機構は出資の背景について、働く女性のニーズに応じたファッションブランドの市場拡大に着目し、日本の高い技術やテキスタイルの魅力を発信できるファッションプラットフォームを投資対象のひとつとして検討していたと説明。クールジャパン機構として、同ブランドと日本各地の生地メーカー間の取引をサポートすることで、日本の技術から生み出されるファッションの魅力をグローバルに発信するとともに、国内の繊維産業の発展に貢献するという。

【こちらもチェック】クールジャパン機構が初のファッション投資「45R」に8億円超(2017年掲載)

メールマガジン登録