NEWS

2019.10.02

「ビームス」JAXA野⼝聡⼀の国際宇宙ステーション長期滞在時のウェアを製作

メインヴィジュアル
Image by: ビームス
 

 ビームス(BEAMS)が、宇宙航空研究開発機構JAXAに所属する野⼝聡⼀宇宙⾶⾏⼠の国際宇宙ステーション(以下、ISS)⻑期滞在時に着⽤する衣服を製作した。宇宙⾶⾏⼠がISSで着⽤する服を⺠間企業がコーディネート案を含め総合プロデュースを行うのは⽇本初となる。製作過程を収録した動画「宇宙服はじまる」をYoutubeで公開している。

【あわせて読みたい】「ビームス」が内外装を手掛けたスマートクリニック開院、院内グッズも監修

 野口が着用する服は、JAXAからの機能面での要求を踏まえて⽷や⽣地の選定からデザインまでをビームスが担い、豊島の協力のもと製作。上下分けて着ることができるフライトスーツや、取り外し可能なポケット付きで⾼いストレッチ性を備えたクライミング⾵パンツ、吸⽔速乾・抗菌防臭性を備えた和紙原料の⽷を⽤いたラガーシャツ、下着、ソックスなど11点を製作した。デザインには、ビームスが得意とするアメリカンカジュアルを採用。無機質で閉鎖空間のISS船内でも映えるよう、オレンジやピンクなどの鮮やかなカラーを取り入れた。また最新の素材や加⼯技術を駆使し、ファスナーの向きやポケットの⼤きさなどのディテールを調整することでISSでの任務を遂⾏しやすく、滞在期間を快適に過ごせるよう工夫している。

 なお、今回製作したアイテムの販売については現時点で予定していないという。

【こちらもチェック】シチズン時計が民間月面探査プログラムに独自素材を提供、宇宙スタートアップ企業のコーポレートパートナーに

■ビームス:公式サイト

メールマガジン登録