NEWS

2019.09.09

「閉店していません」破産申請中の米バーニーズ・ニューヨークが新キャンペーンを展開

公式インスタグラムより

 

 アメリカ合衆国連邦倒産法第11章の適用を申請中の「バーニーズ・ニューヨーク(Barneys New York)」が、マディソンアベニューの旗艦店で新たなキャンペーンを開始した。

 米バーニーズ・ニューヨークは8月の初旬に破産を申請。現在売却先を探している。同時に全米22店舗中15店舗の閉鎖が発表されたが、旗艦店であるニューヨークのマディソンアベニュー店は営業を継続することが決まっている。

【あわせて読みたい】米バーニーズ・ニューヨークが破産申請、マディソンアベニュー旗艦店は営業継続するも15店舗閉鎖へ

 ブランドのインスタグラムには、「経営的に厳しい時期を迎えているが、バーニーズはここに留まります」と投稿。マディソンアベニュー店では通常通り買い物を楽しむことができ、そしてこれが最後のシーズンでない、という旨が記載されている。コメント欄には「Two Words: NOT CLOSED」と記している。

 また店舗のファサードおよび店内には「STILL HERE(ここにいる)」や「BARNEYS TIL I'M DEAD(死ぬまでバーニーズ)」「ATEENTION SHOPPER(お客様注目)」「WE ARE NOT CLOSED(閉店していません)」などのメッセージを掲出。なお、同社は旗艦店以外にビバリーヒルズ、サンフランシスコ、ボストン、ニューヨーク・マンハッタンの店舗の当面の営業継続を決定している。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Two Words: NOT CLOSED.

Barneys New Yorkさん(@barneysny)がシェアした投稿 -

メールマガジン登録