NEWS

2019.09.03

「みんな電力」ビームス ジャパンで電気の店頭販売を開始、名産品の展開も

Image by: みんな電力

 

 電力小売サービス「顔の見える電力」を提供する電力会社「みんな電力」が、ビームスとコラボレーションし、新宿の「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」で電気の店頭販売を開始した。期間は10月1日まで。

 ビームスでは日本震災復興支援の一環として、みんな電力が供給する福島県南相馬市にある野馬土発電所の電力を昨年8月からビームス ジャパンや原宿エリアの2店舗で利用。今回の店頭販売では、福島、千葉、長野の3つの産地から選べる電気と各地の名産品をビームス ジャパンの1階イベントスペースと4階「トーキョー カルチャート by ビームス(TOKYO CULTUART by BEAMS)」で展開している。気に入った地域の発電所の「でんきのカード」を店頭で購入すると、電気料金の一部が「応援金」として発電所に支払われる。

【あわせて読みたい】カジュアルからハイエンドまで、"次の時代のビームス"が六本木にオープン

 

■販売概要
期間:2019年8月28日(水)〜10月1日(火)
場所:ビームス ジャパン 東京都新宿区新宿 3-32-6 1階、4階
今回セレクトされた発電所:高郷太陽光発電所(オーナー 会津電力株式会社)、匝瑳飯塚 SOLA SHARE1号機(オーナー 千葉エコ・エネルギー株式会社)、高遠さくら発電所(オーナー 長野県企業局)
購入方法:店頭で「でんきのカード」(プリペイドカード)を購入し、契約後電気代の支払いに使用できる。
価格:税込1,000円

メールマガジン登録