NEWS

2019.09.02

ZOZOグループに元Amazon.com社チーフサイエンティストが加入、データサイエンスアドバイザーに就任


ZOZOグループに加入したアンドレアス・ワイガンド氏(右)
Image by: ZOZOテクノロジーズ

 

 ZOZOグループのZOZOテクノロジーズは、米Amazon.com社でチーフサイエンティストを務めたアンドレアス・ワイガンド(Andreas Weigend)氏を、9月1日付で迎えたことを発表した。

【ZOZOTOWNの新機能】「ゾゾタウン」閲覧商品と似ているアイテムの検索が可能に、AIを活用した新機能を追加

 ワイガンド氏はドイツ出身。物理学と哲学を学んだ後に渡米し、スタンフォード大学大学院でニューラルネットワークの博士号を取得した。米Amazon.com社ではチーフサイエンティストを経験。現在はスタンフォード大学やカリフォルニア大学バークレー校で教鞭をとりながら、トップカンファレンスや企業イベントへの登壇、ソーシャルデータラボの指揮を行うほか、個人コンサルタントとして航空会社や銀行、通信会社、ファッション関連企業、ヘルスケア企業などの大手企業に対し、データと分析技術の活用方法を支援している。

 ワイガンド氏は、ZOZOテクノロジーズのデータサイエンスアドバイザーに就任。同氏は「ZOZOテクノロジーズのデータサイエンスアドバイザーに就任できることを嬉しく思います。データ活用や分析、ポジティブな心構えを広めることで、同社のイノベーション加速に貢献できればと思っております」とコメントしている。同社はデータサイエンティストの育成に取り組んでおり、同社のデータサイエンティストの育成とデータドリブンな企業風土の醸成を目指すという。

【ZOZOの注目ニュース】ゾゾがスマートフォンで足を3D計測できる「ZOZOMAT」発表、秋冬から無料配布へ

メールマガジン登録