NEWS

2019.08.31

中国のファクトリーブランド「TAKEON」が日本初上陸、中目黒パークストアで展開

 

TAKE ON クリエイティブディレクターChelsea Ma

Image by: FASHIONSNAP.COM

 

 中国のファクトリーブランド「テイクオン(TAKEON)」が、2019年秋冬シーズンに日本初上陸した。8月31日の今日から中目黒の「パークストア(the par_k store)」で取り扱われている。

【あわせて読みたい】ブランドの世界観を発信、PR連動型コンセプトショップがオープン

 テイクオンは、20年の歴史を持つ工場「TAIDI」のブランド。ニューヨークのデザインオフィスがデザインを担当し、約2年前にスタートした。ブランド名は「アイテムを自身のスタイルに取り入れる」という想いから命名。中国のAI技術をインスピレーション源に、スチューデントウェアを製作している。2019年秋冬コレクションでは、ロゴをデザインしたボアジャケット(2万6,900円)やフーディー(1万3,900円)、スウェット(8,900円)、Tシャツ(4,900円)、ソックス(2,690円)などを展開している。

 同ブランドのクリエイティブディレクターを務めるChelsea Maは、日本での目標について「ビームス(BEAMS)などの大手セレクトショップでの取り扱われること」と話しており、今後直営店の出店も視野に入れているという。

 

TAKEON:公式サイト

メールマガジン登録