NEWS

2019.08.26

「ゾゾタウン」閲覧商品と似ているアイテムの検索が可能に、AIを活用した新機能を追加


「類似アイテム検索機能」イメージ
Image by: ZOZO

 ファッション通販サイト 「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」が8月26日、ユーザーが閲覧する商品と似ている商品を検索できるAIを活用した新機能「類似アイテム検索機能」の提供を開始した。

【こちらもチェック】ゾゾがスマートフォンで足を3D計測できる「ZOZOMAT」発表、秋冬から無料配布へ

 類似アイテム検索機能は、ゾゾ(ZOZO)のデジタル領域のイノベーションを担うグループ会社 ゾゾ(ZOZO)テクノロジーズが開発。各商品画面上にある「画像検索アイコン」をタップすることで、閲覧中の商品の形や質感、色、柄などをもとにAIが似ている商品を検出し、一覧で表示する。数万人のユーザーを対象に行った同機能の先行テストでは、利用者は非利用者に比べサービスの滞在時間が4倍以上長く、利用率の向上に繋がったという。現在はジャケットやトップス、パンツ、シューズなど全25カテゴリー中の主要8カテゴリーに対応しており、330万点以上の商品から似ている商品の検出が可能。カテゴリーや商品数は順次拡充していく予定だという。

 同社は2019年を「ZOZO AI化元年」と位置付け、運営するサービスでの全面的なAIの活用を推進。新機能の導入はその第1弾で、今後もゾゾグループが運営する各サービスにAIを導入することで、よりスムーズで快適な買い物体験の提供を目指すという。

【あわせて読みたい】ゾゾがアパレルブランドとマルチサイズ商品を製作へ、ストライプやベイクルーズなどが参画

ZOZOTOWN

メールマガジン登録