NEWS

2019.08.08

ナイキがAIのスタートアップを買収、顧客の購買行動を予測

 「ナイキ(NIKE)」が、ボストンを拠点にするクラウドベースのデータ予測分析のプラットフォームを提供する「セレクト(Celect)」を買収したことを発表した。

 セレクトは、マサチューセッツ工科大学の教授によって2013年に創業したスタートアップ。データサイエンスとソフトウェアエンジニアリングにおける最先端の知的財産を保有しており、同社が持つ分析プラットフォームの導入によりナイキは、顧客の購買データを元に需要予測を導き出すことが可能になるほか、小売業者はオムニチャネルの在庫最適化が実現できるという。

 エリック・スプランク(Eric Sprunk)ナイキ最高執行責任者(COO)は「(セレクトの買収により)ナイキはデジタル分野での優位性をさらに高めることとなるだろう。我々の商品への需要が高まるほど、洞察解析やデータの最適化、消費者行動への注視を強化する必要があり、規模を拡大して消費者のパーソナルに寄り添ったサービスの提供を進めていく」とコメントしている。

 

メールマガジン登録