NEWS

2019.07.22

インナーの温度をアプリで調整、ソニーがウェアラブルデバイス「レオンポケット」開発


レオンポケット
Image by: ソニー

 

 ソニーは7月22日、インナーウェア装着型冷温ウェアラブルデバイス「レオンポケット(REON POCKET)」のクラウドファンディングを同社のサイト「ファースト・フライト(First Flight)」で開始した。

【こちらもチェック】太宰治「人間失格」をイメージした香り、ソニーのアロマディフーザー新シリーズから発売

 レオンポケットは、専用インナーウェアの首元にある背面ポケットに装着することで温度調整ができるウェアラブルデバイス。スタートアップの創出と事業運営を支援する「ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム(Sony Startup Acceleration Program)」のオーディションを通過した案件で、現在事業化に向けて準備を進めている。

 同デバイスにはソニーがモバイル機器の開発を通じて培った独自の熱設計技術を搭載しており、スマートフォンアプリから端末の操作が可能。専用インナーウェアは東レインターナショナルが提供している。素材には吸水速乾性を持つ極細繊維のポリエステル生地を使用し、柔らかな風合いと快適な着心地を実現した。サイズはS、M、Lの3サイズ、カラーはホワイトとベージュの2色をラインナップ。クラウドファンディングでは8月19日まで支援を受け付けており、目標額に達成した場合に製品が支援者に配送される。

【あわせて読みたい】ニューバランス×ソニー、デザインを変更できるシューズ開発

■First Flight:プロジェクトページ

メールマガジン登録