NEWS

2019.03.28

メルペイがLINE Payと業務提携、双方の加盟店で利用可能に


LINE Payとメルペイのロゴ
Image by: LINE Pay/メルペイ
 
 

 メルペイとLINE Payが、キャッシュレスの普及促進を目的とした業務提携に関する基本合意書を締結した。同提携を通じて今後、両社の提供するモバイル決済サービス「メルペイ」と「LINE Pay」における加盟店を相互開放するとともに、両社参画による加盟店アライアンス「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」を設立する。

 現在、金融機関や大手通信事業者、IT企業などによるスマートフォン決済事業への参入が相次いでおり、キャッシュレス化に向けた動きが加速する一方で、サービスの乱立に伴い加盟店の対応負担が増加。一般ユーザーは複数のサービスを登録する手間がかかるなど、キャッシュレス決済を利用するための環境が複雑化している。今回の業務締結は複数事業者でアライアンス戦略を図ってきた両者が問題解決に取り組み、キャッシュレス社会の早期実現を目的に行われた。

 業務提携を通じて、2019年初夏を目途にメルペイとLINE Payの決済サービスを取り扱う加盟店を相互開放し、各サービスのユーザーが双方の加盟店で利用できるようにするという。これにより事業者は、いずれか一方の決済方法を導入するだけで両サービスのユーザーからの利用を見込むことができ、導入負担の軽減と多くの潜在的利用者の獲得というメリットを享受できる。またMOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)では、提携趣旨・目的に賛同する他の決済サービス事業者の参画を促し、パートナーシップ拡大を図るという。

メールマガジン登録