NEWS

2019.03.07

服探しの手間を軽減、アバターを使って1秒で試着が完了するサービスが誕生

 3Dスキャニングやモデリングの技術を開発するブルームスキームが3月7日の今日、人工知能と3Dスキャニングを駆使した3D試着サービス「キマクリ(Kimakuri)」の体験版の提供を開始した。実証実験に向けたパートナー事業を募り、本格展開を目指す。

 キマクリの体験版では、スマートフォンで顔写真1枚をアップロードし、ウエストやバスト、肩幅といった体型の項目を入力すると、自分の顔や体型を再現した3Dアバターをウェブ上で作成できる。3種類のコーディネートが用意されており、1秒程度で試着が完了する。

 今後は、アバターに試着させて気に入った服をサービス内のマーケットプレイスで購入できるシステムを構築するとともに、サービスの対象となるアイテム数を拡充。コーディネートの試着後にスタイリストやアパレルメーカーから別のコーディネートが提案されるコンテンツを実装し、服探しの手間やコストを省く。雑誌やカタログに掲載されている商品やリアル店舗のアイテムを同サービスで試着できるように展開の拡大を目指すという。

■キマクリ:公式サイト

メールマガジン登録