NEWS

2018.01.16

ソニー、自動動画制作ソリューション「イスカ」をファッションECに導入開始

 ソニーが、撮影、編集、納品といった一連の動画制作の工程を自動化することで動画コンテンツを簡単かつ低コストで作成できる自動動画制作ソリューション「イスカ(isuca®)」をファッションECサイト向けに導入を開始した。

 同サービスは、カメラを中心とした動画撮影システム、操作用のアプリケーション、自動編集を行うクラウドサーバーで構成。撮影システムはスタジオなどに常設し、撮影は専用アプリケーションをインストールしたパソコンやタブレットを操作することで簡単に行える。

 撮影した動画は自動的に専用クラウドサーバーへ転送され、ソニーのディープラーニング技術「ニューラル ネットワーク ライブラリ(Neural Network Libraries)」を活用したアルゴリズムによって、用途に合わせた動画コンテンツに自動編集される。編集を終えると、指定されたサーバーへ動画が格納される仕組みだ。

 今回、ファッションを中心とした商品写真撮影やECサイトの構築・運営など、EC事業支援業務で多くの実績を持つAMSでの採用が決まった。今後はファッションECサイトへ向けた導入を加速しながら、事業領域を拡大し、動画制作の自動化・省力化によって企業やクリエーターに向けてさまざまな用途で利用可能な動画制作プラットフォームを目指すという。

 

メールマガジン登録