NEWS

2019.01.28

シューズ内を自動で温めるインソールが初上陸、スマホで調整可


Mimeng Smart Heated InSoles
Image by: Shenzhen Uniqplan Technology Co.,Ltd.
 
 

 次世代スマートヒートインソール「ミメン スマート ヒート インソール(Mimeng Smart Heated InSoles)」が初上陸した。1月28日の今日から動画ショッピングサイト「ディスカバー(DISCOVER)」で販売を開始している。価格は税別2万6,000円。

 中国の深圳ユニークテクノロジー(Shenzhen Uniqplan Technology Co.,Ltd.)が展開するインソールは、Bluetoothを搭載しスマートフォンでシューズ内の温度を調整する。専用アプリの「MiMeng」で40~50°Cの温度設定ができるほか、スマートセンサーが足の温度に基づいて自動的に最適な温度に調節するインテリジェンスモードも装備されている。充電は付属するワイヤレス充電パッドにシューズを置くことで充電することが可能。デイリーユースのシューズ、ランニングシューズ、スキー用ブーツなど、あらゆるシーンを想定して作られており、靴のサイズによってカッティングして使用できる。バッテリー充電時間は約3時間で、持続時間は約6時間。メンズとウィメンズサイズの用意がある。

 

■ディスカバー:公式サイト

メールマガジン登録