NEWS

2019.01.04

アーカイブアイテムに特化した新しいEC「OR NOT」が公開、シュプリームのイベントも


「OR NOT」

 

 

 デザイナーズブランドのアーカイブアイテムを中心に集めたECプラットフォーム「オアノット(OR NOT)」が、1月4日の今日公開された。1月11日からアイテムの販売を開始する。

 オアノットは、過去に発表されたデザイナーズブランドのアイテム、すなわち「アーカイブ」の人気の高まりや、取り扱いの丁寧さや確かな真贋判定で海外からも評価されている日本のブランド古着に着目。これまで多くのフリマアプリやECサイトではファストファッションからラグジュアリーまでがひとつのプラットフォームで販売されていたのに対し、オアノットはデザイナーズブランドに特化したECサイトとして楽天出身者が中心に立ち上げた会社LOOPが運営する。

 アイテムは「リンカン(RINKAN)」などのブランド古着店のほか自社で買い付けたものを展開。サイトローンチ時には約550ブランドの約5万点を取り揃え、常時30万点の掲載を目指す。流通総額は初年度10億円、5年で100億円が目標。日本語、英語、中国語、韓国語の多言語、多通貨対応で、アジアをはじめリとした海外への発送にも対応する。

 サイト内ではローンチに合わせ「ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)」のディレクターを務める小木"Poggy"基史に加え、「サルバム(sulvam)」デザイナーの藤田哲平へのインタビューや、スタイリスト髙田勇人によるアーカイブを用いたスタイリングを公開。今後も同様のオリジナルコンテンツを提供するほか、著名人の私物出品や、特定のブランドにフォーカスしたイベントの不定期開催も予定する。

 1月10日までに事前登録を行った会員は、サイト内で開催される「シュプリーム(Supreme)」にフォーカスしたオープニングイベントに優先的に参加が可能。同イベントでは、シュプリームの歴代の名作をはじめとするアーカイブアイテムを取り揃える。

OR NOT

メールマガジン登録