NEWS

2018.12.03

TSIグループがロボット技術による物流強化、ローズバッドの商品に本格活用

 TSIホールディングスの子会社TSI・プロダクション・ネットワークが12月3日、アッカ・インターナショナル(以下アッカ)とプロロジスの2社と業務提携すると発表した。グループ内における物流業務のロボット化により業務の安定化と省人化を目指す。

 プロロジスは物流施設開発に特化し、物流オペレーションの構築を手掛けている。アッカはアパレル企業向けにECサイト運営に必要な在庫連携や倉庫管理といったサービスを提供しており、2017年からプロロジス保有の物流施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」においてピッキングロボット「ギークプラス(Geek+)」を国内で初めて導入した。

 今回の提携は、TSIグループが中期経営計画で掲げている既存の業務フローや内容の抜本的な見直しのための「ビジネス・プロセス・リエンジニアリング」の一環として実施。今後はECサイトと実店舗の両方の商品においてアッカのロボット物流を活用するほか、実店舗で必要なシステムの構築を同グループの物流業務を担うエムジェイファンクションが担当する。

 提携に伴い展開ブランド「ローズバッド(ROSE BUD)」の商品を移管。今日から2019年春夏シーズンの商品においてロボット物流を導入し、2019年春頃から本格的に運用するという。

メールマガジン登録